どこにこだわる?家を建てる時に考えておきたいこと

信頼できる住宅業者を選んで長く住みたい土地を探す

家を建てるということは、金銭面でも、環境面でもとても大きな影響のある一大プロジェクトです。それだけに慎重に検討して後悔のないようにしたいですね。では、家を建てる時に考えておくべきポイントにはどのようなものがあるでしょうか。家に求める価値は人それぞれですが、まずは業者と土地選びが重要な要素になるでしょう。住宅業者は家を建てる時だけでなくメンテナンスなど将来にわたって長くおつきあいをすることになりますので、対面する営業担当者との相性だけでなく会社としてメンテナンス体制を含めて信頼できるかよく見ておきましょう。また、建設地については、将来を含めた通勤通学の利便性、平日の生活のしやすさ、休日のエンターテインメントなど、条件に優先順位をつけて探しましょう。土地についてはネットなどで公開されている情報のほか、住宅業者が持っている公開前の情報などもマメに入手すると良いでしょう。

一戸建てのメリットを生かしたこだわりを追求

建設地が決まったらいよいよ設計に入ります。注文住宅では、間取りやインテリア、キッチンデザインなど、自分の思い通りの設計を追求できることが楽しみでもあります。とはいえ予算や土地の面積などいろいろな制約の中で落とし所を探す必要も出てきます。こだわりたいポイントを書き出してみて設計担当者と何度も相談を重ねて下さい。ここで重要なのはプロのアドバイスにしっかり耳を傾けること。こだわりが強いあまり、他の面で使い勝手の悪い家にならないよう、専門家の知恵を上手に取り入れて折り合いをつけていきましょう。また、多くの場合最後に決めるインテリアは、家の躯体などに比べれば後から入れ替えや追加が可能な部分なので、フロアごとまたは部屋ごとにイメージを変えていくなど、少し遊びの要素を取り入れても面白いです。